2016年12月13日

風俗店グ加山美ループ経営者に実刑判決 愛知県警

名古屋市の風俗店グループ「ブルー」による愛知県警幹部脅迫事件で、脅迫や犯人隠避罪に問われたグループ経営者の佐藤義徳被告(56)に対し、名古屋地裁(前田巌裁判長)は26日、懲役2年6カ月(求刑懲役3年6カ月)の実刑判決を言い渡した. 判決によると、名古屋市名東区で邸宅を建設しようとしていた佐藤被告は、暴力団捜査を担当していた県警幹部が建設を妨害していると思い込み、2010年夏、グループ元役員(43)に指示して脅迫電話を計5回かけさせた. これまでの公判で、佐藤被告は「具体的な手口は元役員が考えた」と述べ、執行猶予付きの判決を求めていた. グループは指定暴力団山口組弘道会と資金的なつながりがあるとされる. ニューバランス 1400 一連の事件をめぐっては、元役員が懲役10カ月罰金40万円の実刑判決を受けて控訴中. 古代祐三さんが『セブンスドラゴン2020 また、元役員を逃走させたグループの元顧問弁護士(66)は犯人隠避罪で有罪判決が確定し、弁護士資格を失っている.
posted by MisakiHaruna at 02:36| Comment(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください